最新のガスコンロ情報をまとめました

初めてガスコンロを購入する方が最初に確認しなくてはいけないのが、都市ガスかプロンパンガスかといった点です。万が一間違えて取り付けてしまうと正常に動かなく、火事の原因に繋がる場合があるので細心の注意が必要です。ガスコンロは、2口と3口が主流となっていてガスコンロを置く場所に沿って選ぶことが必要です。また、魚を焼くグリルにも様々なタイプがあるので自身の希望に合わせて選ぶことができます。その他の点では掃除のしやすさもチェックすべきポイントと言え、汚れが付着した際にもすぐに拭き取ることができるトップコーティングやフッ素コーティングがしてある製品、ガラスになっているものが最適です。IHだと停電時に使用できなくなりますが、ガスコンロが備え付けてあれば災害時も問題なく使用できると言えます。

正しいガスコンロの基本の選び方

ガス台にどの大きさのガスコンロを設置したらいいのか分からないという方は、横幅の長さを把握することから始めると良いです。横幅が60センチ以上という場合は、基本的なガスコンロで十分と言え、56センチ以上60センチ以下という場合はコンパクトサイズが適しています。次に着目したいのが魚焼きグリルです。魚焼きグリルには大別して3種類あり、水あり片面焼きグリル、水なし片面焼きグリル、水無し両面焼きグリルになります。水ありと水なしでは水なしの方が機能も良いことから価格も高くなりがちです。ですので、魚を焼く頻度が少ないという方は水ありグリルの方が費用を抑えることが可能です。反対に魚グリルを頻繁に使用するという方は水なしグリルが最適です。最近のガスコンロの傾向は、網使用だったものがグリルプレート使用に多く移行されてきているので、お手入れも簡単に行えます。

最新ガスコンロに搭載されている機能

最新のガスコンロでは鍋底からはみ出す火力の無駄を省き、省エネに繋げる製品が多くなっています。魚グリルでは水なし製品には遠赤外線を搭載し、従来のグリルに比べ熱伝導率が大幅にアップしています。最新のガスコンロでは湯沸かしはもちろんのこと、トーストから唐揚げまで幅広く調理を行なうことができます。天板部分はデザインに富んでいて、汚れを拭きやすいことに加えて衝撃にも強い素材を使用しています。重い鍋を落としてもヒビが入りにくいので長年愛用ができます。また、長時間の使用で火力が高温になってもセンサーが作動し、安全な温度まで下げてくれる機能が搭載されているガスコンロもあり安全面も考えられたガスコンロとなっています。高齢者に多い火のつけっぱなしや消し忘れの際でも、一定時間経過すると自動で消化される機能サポートもあるので火事の恐れはありません。