人気があるガスコンロの特徴とは

ガスコンロには大きく分けて、据え置きタイプ、ビルトインタイプ、カセットコンロの3種類があります。カセットコンロは通常のキッチンで料理に使うことはないので、ほとんどは据え置きタイプかビルトインタイプとなります。基本的に買い替えのケースでは、既存のキッチンと同種類のものを選ぶことがおすすめです。既存のガスコンロがシステムキッチン内に組み込まれているタイプなら、ビルトインタイプを選択しタイプとしてはコンロ台に置かれているものであれば、据え置きタイプとなります。どれだけデザインが気に入っている場合でも、システムキッチンに据え置きタイプのガスコンロを置くことはできません。キッチン本体の交換が必要となるため、ガスコンロの買い替えだけでなく、キッチンのリフォームも考えている時には、ガスコンロをどちらのタイプにするのかも検討すると良いでしょう。

ガスコンロの種類について解説します

据え置きタイプはコンロ台の上に設置をし、ガスの元栓とガスコンロをゴム製のガスホースで繋いでいます。自分で取り付けすることができるので、わざわざ業者に依頼する手間を省け時間短縮できます。価格は1万円から、高いもので10万円のものもあります。ビルトインタイプはシステムキッチンに組み込むガスコンロです。デザイン性が高いので人気となっていますが、ガス管を設置するには資格を持った専門の業者に頼む必要があります。据え置きタイプと比較すると全体的に価格は高めとなり、3万円弱から20万円のものもあります。ガスコンロはコタツやバーベキューなど使うことができる、持ち運びができるガスコンロとなっています。どこでも使うことができるので便利ですが、火力が弱くカセットコンロなどのコストが掛かることを考慮すると、家庭で主に利用するには向いていません。カセットコンロの本体価格は2千円から5千円となっています。

今人気のガスコンロを紹介します

最近注目を浴びているのは、ビルトインタイプのガスコンロです。近頃は、見た目もスッキリしてスマートなキッチンが主流となっており、お皿やお鍋をしまう収納スペースや料理をする作業台など、動線が上手に計算されたものが多くなっています。そんなオシャレで人気なキッチンにかかせないのが、ビルトインタイプのガスコンロなのです。あらかじめキッチンに組み込まれているので、段差や隙間がなく見た目が美しいのが特徴です。さらにキッチンは使用頻度が高いのでその分汚れやすい場所ですが、ビルトインタイプはお手入れを簡単にすることができます。またガスの配管ホースが外側から見えないように設計されているので、見た目の悪さを解消できるだけでなく、ガス漏れの心配もなく安心して使うことができるメリットがあります。